ナイス

  1. TOP
  2. ギャラリー・建築実例
  3. 藤沢市 K様邸

アクティブに暮らしが広がる、
リビングと屋外をつなぐ土間とデッキのある住まい。

藤沢市 K様邸

都心から離れ、神奈川県内の人気エリアで家を構えようと、数軒のハウスメーカーを見学していたK様ご夫婦。
「ひと目見て気に入ったのが、ナイスさんのモデルルームで湘南らしさを感じた土間でした」と話すご主人は、
兼ねてから「サーフィンに挑戦したい」と考えていたアウトドア派。奥さまも「DIWKSの家なら家事がしやすそう」と、
ナイスのコンセプトがご夫婦それぞれの希望するライフスタイルに合っていたのだと言います。

LDKと一体化させた広い土間のある暮らし。

ご主人が熱望したのは、自転車やサーフィンといったアウトドアの趣味を楽しむ広い土間を実現させること。一方、リビングの広さと開放感を優先させたい奥さまとの間で、プランニングではせめぎあいが続きました。そこで、1階をLDKと土間のみの間取りにして広さを確保。さらに、LDから一続きに土間を配置した、見通しのいい長方形の空間にすることで、土間を含めたLD全体が広く感じられる効果も生まれました。引き戸をフルオープンにすれば、スタイリッシュなタイル貼りの土間をリビングの一部として活用でき、扉を閉めれば冷暖房の気密性も保てます。外遊びができない雨の日や寒い季節は、土間がお子様のための屋内キャンプ場に。たとえ、外から泥だらけや水に濡れて帰ってきても、汚れや水滴を気にせずに着替えられるので、小さなお子様のいるご家族には使い勝手がいいようです。また、LDKを広く取るために2階に集約したDIWKSの洗濯動線が、奥さまの家事を各段にラクにしました。洗濯機のある洗面室、外干しをするバルコニーへと出られる寝室、家族全員の衣類が収納できるクローゼットが、回遊式のコンパクトな動線になっています。

デッキでアウトドア気分。小さな子供の遊び場に最適。

K様ご夫婦が最後まで悩んだのが、コスト面が課題となったウッドデッキの設置でした。「思い切って採用して正解!アウトドアテーブルを出して、夜空の下でご飯を食べると気持ちがいいんです」と奥さま。軒下を屋根に、リビングからフラットにつながるウッドデッキは、お子様が走り回ったり、夏はプールを楽しんだりと大活躍。リビングで赤ちゃんのお世話をしながら、デッキで遊ぶお兄ちゃんを見守れるのもママにとっての大きなメリットです。「早く友人を呼んでホームパーティがしたいですね」と笑顔の奥さま。ナイスだからこそ形になった理想の土間とウッドデッキがパーティでも活躍しそうです。

BACK

NEXT