つくり手の声

赤司 奈美

お客様とインテリア商品の設置位置や形状、高さなど細かい部分を打ち合わせし、
それが無事に設置でき、お客様より「ありがとう!」と言葉をいただいたとき、
何よりも「この仕事をやっていてよかった!」と思えます。
「ありがとう!」の一言で、悩んだり、大変だった思いは吹っ飛びます。
これからも皆さまに「ありがとう!」と喜んでいただけるよう、お客様の立場に立ったご提案をしていきます。
赤司 奈美

プロフィール

氏名 赤司 奈美
会社名 インテリアギャラリー(オプション担当)
担当職務(設計・施工・営業・アフターなど) インテリアの提案・販売
生年月・年齢 1981年1月生まれ(35歳)
星座 みずがめ座
血液型 A型
家族構成 夫、長男6歳、次男2歳の4人家族
趣味・特技 友人とお酒を飲むこと
座右の銘 「人生において最も大切な時、それはいつでも、いまです」 相田みつをさんの言葉です。
この言葉の通り、いま!を大切に日々過ごしています。
資格 宅地建物取引士、整理収納アドバイザー
勤続年数 13年
この仕事に就いたきっかけ 父が不動産の仕事に就いていた影響で、小さい頃から折り込みチラシの間取り図を見るのが好きでした。そのため、住宅関係の仕事をしたいと思い、この仕事に就きました。

仕事、業務上で心がけていること、家作りへの想い

2歳と6歳の男の子の子育て真っ最中で、仕事に子育て、家事とめまぐるしい毎日を送っています。
家事における無駄な動きや時間はもったいないと自分自身感じているので、 お客様にも主婦目線でインテリア提案を行っています。
リビングには家族共通で使うモノや頻繁に使うモノが集中します。
子供のオモチャも多く散らかりやすいので、すっきり片付くための収納をご提案します。
また、動線も考慮してどこに何を収納したら使いやすくしまいやすいか、 子供も無理なく片付けられるかのアドバイスも行っています。
インテリア商品をご注文いただくだけでなく、 少しでもお客様の暮らしに役立つ情報も一緒にお届けできる様心がけています。赤司 奈美
自分が特にこだわりたい住まいのポイント お客様の希望で間取りを選ぶことができることです。
特にリビングフロアが間仕切りできる点です。
広いリビングが希望の方には、間仕切りせずゆとりあるリビングとして使い、
部屋数を取りたい方には間仕切りしてリビング+洋室にすることができるのは、パワーホームの大空間ならでは!だと思います。
子供が小さいときは、広いリビングで家族が集い、子供が少し手が離れたらリビング+洋室に仕切り、書斎兼ミセスコーナーにすることも。
趣味が高じて自宅で教室を開くサロネーゼになるかもしれない!ので、その時にも間仕切りができれば将来の道が広がります。
さらには、親が1人になったら呼び寄せてコンパクトですが洋室を親の部屋とすることもできます。
これからの長い人生、どんなことが起こるか分からないので、フレキシブルな間取りは自分の可能性を広げることにもつながります。
お客様へ一言 カーテンや照明、オーダー家具、エコカラット、アクセントクロスなどのインテリア商品は、
より自分らしくこだわりある部屋にするためのアイテムです。
カーテンと照明は毎日の生活に必要なものなので、カラーやデザイン、
様々な機能からお客様のライフスタイルにあった商品を選ぶお手伝いをさせていただきます。
さらにエコカラットを設置すると湿気を吸放出する効果の他、壁面に凹凸がでて空間をステキに演出することができます。
このように、インテリア商品を住まいにプラスしていただくことで、こだわりと愛着が生まれますので、
是非一度インテリア相談会にご参加ください。