1. TOP
  2. スマートウェルネス住宅とは
  3. いつまでもいきいきと健やかに過ごせる「健康寿命」の延伸に向けて。

いつまでもいきいきと健やかに過ごせる
「健康寿命」の延伸に向けて。

健康な状態で長生きしたいということは、すべての人にとって共通の願いです。世界に先駆けて超高齢社会を迎える日本では、国民が健康な生活と長寿を享受できる健康長寿社会の実現が急務となっています。日本人の平均寿命は、男性が80.21歳、女性が86.61歳(厚生労働省 「平成25年簡易生命表」)と、男性、女性とも世界トップクラスとなっています。また、65歳以上の高齢者の総人口に占める割合(高齢化率)は世界に類を見ない速さで増えており、2060年には39.9%に達すると予想されています。こうした高齢化に伴って、認知症や生活習慣病、関節疾患などのために介護が必要となる高齢者が増えており、高齢社会に対応するためには、単に長生きをするだけでなく、いかに「健康寿命」(健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間)を伸ばすかが大きな課題となっているのです。 (政府広報オンラインより抜粋)

平均寿命と健康寿命

平成25年版高齢社会白書(内閣府編)により、先進諸国の高齢化率を比較してみると、日本は1980年代までは下位、90年代にはほぼ中位でしたが、平成17(2005)年には最も高い水準となり、世界のどの国もこれまで経験したことのない高齢社会を迎えています。また、高齢化の速度について、高齢化率が7%を超えてからその倍の14%に達するまでの所要年数(倍化年数)によって比較すると、フランスが126年、スウェーデンが85年、比較的短いドイツが40年、イギリスが46年であるのに対し、日本は、昭和45(1970)年に7%を超えると、その24年後の平成6(1994)年には14%に達しています。このように、日本の高齢化は、世界に例をみない速度で進行しています。

日本の将来推計人口
高齢化が急速に進む日本。
だからこそ、「健康寿命」の延伸が重要です。

では、「健康寿命」の延伸のために、どうしたらよいのでしょうか?